HAL WEB ホーム > 過去のトピックス > Counter
2001年4月11日(水) 7時0分

聖子愛娘「SAYAKA」デビュー(スポーツニッポン)


 松田聖子(39)の一人娘、沙也加さん(14)が芸能界デビューする。5月初旬からオンエアされる江崎グリコ「アイスの実」のCMに出演するもので、自ら作詞したCMソングで歌声も披露する。くしくも聖子の初CMも同社のアイス。広告関係者によれば、世界に羽ばたいてほしいの願いも込めて芸名は「SAYAKA」に決定。母娘2代の歌姫目指し、大きなプロジェクトで歩み始める。

 テレビ放送に先駆けてベールを脱いだ「SAYAKA」は、聖子同様にスレンダーな体形で、鼻から口もとにかけての線も母親似。まだ中学3年生らしく愛くるしく、「モーニング娘。」の後藤真希(15)にも似た顔だちだ。

 それ以上に驚かされるのが歌声。随所でハスキーな響きになり、まるで聖子が代わりに歌っているのでは?と感じるほどそっくり。レコーディングでもスタッフの難しい要求に次々と応え、歌唱力とセンスの良さに周囲から驚きの声があがったという。

 母親のCMデビューから21年。出演までの経緯について江崎グリコは「母が松田聖子さんという環境から、以前よりグリコの広告に興味を抱いていてくれたそうです」と2代にわたる縁を強調。「素敵なパートナーとして、多くのファンに愛されてほしい、との思いを込めました」と大きな期待をかけている。

 注目は今後の展開。初レコーディングは済んでいるため、次はCDデビューの計画が着々と進行している。このCM曲もタイトルと発売日こそ未定だが、かつての聖子ソングを手掛けた人気ミュージシャンの杉真理(47)が作曲した本格作品。デビュー曲候補の一曲なのは間違いなく、レコード会社との契約発表も時間の問題だ。

 20世紀最大のママドルと、人気俳優・神田正輝(50)の一人娘。しかも、昨年末に2度目の離婚をしても、わが道を貫く母の生き様を間近で見て育った。関係者によると「文章を書くのが好き」の理由から、素直な気持ちを今回の歌詞にさらりとつづったという。聖子がデビュー前からのファンだった関係で今回の作曲者に指名された杉も「お母さんに似て歌が本当に上手で、すごく可能性を感じました」と太鼓判。14歳にして無限の可能性が秘められており、聖子ともども、今後に目が離せなくなってきた。

 ◆SAYAKA(さやか) 本名・神田沙也加。1986年(昭61)10月1日、東京都生まれ。昨年8月、母親の松田聖子の日本武道館公演に飛び入りし、ダンスを披露。昨年11月発売の聖子のベスト盤収録曲「Twinkle Star,Shining Star」で母娘デュエットも実現。趣味はショッピング、カラオケ。好きな言葉は「おはよう」「透明」、色は水色、食べ物は焼き肉。尊敬する人物は「母」。身長1メートル57。血液型A。

[スポーツニッポン 4月11日]